消費者金融審査

キャッシングの申込はテレビCMなどで知られている大手消費者金融やクレジットカードでお馴染みの信販会社、銀行で扱っているカードローンで申込が出来ます。

 

消費者金融は銀行カードローンに比べて比較的審査が緩く、審査に通りやすいと言われていますので「審査に通るかどうか不安」と言う方もおられますが、給料をもらって普通の生活をしていれば審査に落とされるという事はまずありません。

 

しかし、申込したからといって、誰でも審査に通るわけではありません。
審査を受けて通る人、落ちる人も当然出てきます。審査で何が重要視されるのかを知っておけば、それなりの対処は出来ます。

 

なぜ通る人と通らない人が出る?

 

たとえば、独身の人と既婚者では、どちらが審査に受かりやすいかを考えると、当然既婚者が通りやすいと言えます。

 

キャッシングをこれから始めたいという人と、すでにキャッシングをしていた経験がある人では、経験がある人になります。なぜこのような違いが現れるのでしょうか。

 

キャッシングの審査内容は、収入以外にも多くの審査項目があるからです。
キャッシング会社にとって、いかに優良な顧客を探し出すかが重要になります。

 

ですから収入や職業形態だけで判断していては、他社との競争に負けてしまいます。そのためにも、申込者のさまざまな要素を考慮して審査する必要があり、コンピューターで瞬時に判断出来るようにしたものを、与信スコアリングシステムと呼びます。

 

与信スコアリングシステムには、申込書に記入した職業や年齢、勤務先などの属性に基づくものと、借入状況や利用状況などが記載された、信用情報機関の個人情報に基づくものがあります。

 

融資が可能かどうかは属性で決まる

キャッシング業者は、まず申し込んできた人の属性をコンピューターを使い、すべての項目を点数化し、点数の高低によって融資が可能か、可能ならいくらまで貸せるかを判断します。

 

基準となる項目の勤務先を見てみると

勤務先で最も属性が高いのは公務員、続いて大手企業で、その次に個人企業になります。雇用形態では、正社員が有利になりますが、最近はパートやアルバイトでも収入があれば申込みが可能になっています。なお、勤務先が重要視される事から、勤務先が大企業であれば派遣やアルバイトでも可能性が高くなります。

 

年収はいくら以上という規定はありません。
ただし、消費者金融では年収の3分の1以内と制限されるので、多くを借りたい場合はそれなりの年収が必要になります。

 

健康保険の種類は年収よりも重要な要素になります。
正社員であれば社会保険証や組合保険証ですが、自営業や派遣、アルバイトは国民健康保険ですが、国民健康保険は無職でも持てるので信用度は低くなります。

 

勤続年数は長ければ長いほど有利です。
基本的に勤続年数が長いけれど収入が低い人と、勤続年数が短期で収入が高い人とでは、前者の方が属性が高いと言われています。

 

キャッシングが初めてという人が有利と限らない

キャッシングが初めてという方は良いイメージだと感じますが、キャッシング業の評価はそうではありません。

 

キャッシング業者は、長期間、取引を繰り返す利用者を求めています。
そのため、取引実績があり、取引期間が長く、複数社からの借入をしていない人が審査で高評価になります。この事が、はじめての人が必ず有利とは言えない理由です。

 

スコアリングシステムは信用情報もスコアリングの対象になるので、信用情報のスコアリング情報を見てみましょう。

 

  • 取引実績は意外なことに、キャッシングを利用した経験のある人の方が、ない人よりも高い点数になります。
  • 取引期間は長ければ長いほど評価が高くなります。
  • 他社借入がある場合、取引実績はないよりあった方が評価は高くなりますがが、現在の借入残高は少ない方が有利です。
  • そのほか、借入残高や借り入れ件数によっても評価が変わってきます。

 

信用力の低い人は1社から借りられる限度額が小さいため、あちこちから借りることになります。よって、同じ借入総額でも、借入件数が少ない方が信用力の高い顧客だと考えられます。

 

たとえば、1社から100万円の借り入れがある人と、4社から25万ずつの借り入れがある人では、前者のほうが圧倒的に信用度が高い人ということになります。また、一般的に5件以上の借入がすでにある場合は新規の借入は難しいでしょう。

 

審査に通るためのポイントは?

審査項目には、勤務先や社会保険の種類など、いますぐにはどうする事も出来ない項目が多いのですが、自分でどうにかすることが出来る審査項目があり、それが信用情報スコアリングです。

 

信用情報なら、過去の金融機関との取引がある場合、その実績をきれいにしておくだけで、審査に通りやすくなります。

  • いちどにたくさんの申込みをしないこと
  • 借りては返すという実績を積むこと
  • 返済の延滞は絶対に避ける
  • 借入件数を少なくすること

このように自分で信用力を高めることも可能なので、自分の信用情報は常に意識する事が重要です。