消費者金融審査

銀行と銀行系の審査の違いについて

銀行と銀行系、言葉の上では同じように思えますが、利用する時は大きく違ってきますので、両者の違いをしっかりと理解しておく必要があります。

 

ただ、理解できたからと言ってお金が借りやすくなったり、審査に通りやすくなったりということはありませんが、理解していれば自分の環境なら銀行、銀行系どちらに申込む方がよいのかといった比較が出来ます。

 

銀行と銀行系の違い

「銀行」とは文字通り銀行で、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などのようにメガバンクをはじめ、各地方に点在する地銀や信用金庫、ネットで使えるネットバンクなど、お金を預ける事や、引出せる金融機関が銀行そのものとなります。

 

銀行カードローンは消費者金融で借りるよりも審査が厳しい反面、低金利でお金が借りられます

 

また、銀行カードローンは保証会社の保証が得られなくては審査に通りません。
保証会社は同じグループに属する消費者金融や信販会社が、申込者の保証をしなければ融資が受けられません。

 

銀行系とは、銀行のグループに属する消費者金融や信販会社の事で、三井住友銀行グループ「プロミス」や三菱UFJフィナンシャルグループの「アコム」が代表的な銀行系消費者金融と呼ばれます。

 

銀行であることのメリット

銀行カードローンのように、銀行そのものからの借入れする場合は、貸金業法による厳しい制限は受けません。

 

銀行は、総量規制の対象外になるので、銀行によっては配偶者の安定収入があれば専業主婦でも利用可能なところや審査に通ればいくらでも融資をして貰えます。

 

これが銀行系になると、銀行のグループでも消費者金融なので、総量規制の規定で借入希望額が50万円以上の契約や、他社との合計で100万円以上の契約となる場合には、収入証明書類の提出をしないと契約が出来ません。

 

銀行系であることのメリット

銀行系は銀行に比べて審査が緩く、審査時間も数分と短時間で終わりますが、少し金利が高めの設定になっています。

 

しかし、大手消費者金融はすべてが即日融資に対応していますので、急な出費があった時でも、その日のうちにお金を振込んでもらえるという利便性を持っています。融資スピードを選ぶか金利を優先して考えるかで、申込先が変わってきます。