消費者金融審査

やってはいけない同時申込

「どうしても今日明日中にお金を用意しなければならないので、申込みをしたのに、審査に通らなかった」という経験をされた方もおられます。

 

審査に通らなかった理由の一つに「いくつかの会社に申込をしておけば、どれか一つくらいは通るだろう」と一度の複数社へ申込をしてしまう事です。

 

気持ちとしてはわからなくはありませんが、複数の消費者金融に同時申込みをする事は、逆に審査に通るのが難しくなります。

 

申込があった事はリアルタイムでわかってしまう。

キャッシングの申込み情報は、リアルタイムで信用情報機関へ伝わるようになっています。また、実際に融資を受けた情報は、金融機関が一日ごとにまとめて情報機関へ報告するようになっていますので、融資を受けている事は翌日以降には個人情報の利用履歴に反映されます。

 

申込みを受けた消費者金融が個人情報を照会した場合に、同日に3社や4社も申込みをしていたという事を知ったら、担当者はどんな印象を受けるでしょうか。「よほどお金に困っている金回りの悪い人」と受け取られ貸しても帰ってこない可能性があると思われてしまい、審査に通る可能性は少なくなります。

 

申込履歴に傷がつく

また、一度に何社へ申込をすると、「申し込みブラック」と呼ばれる状態になってしまいます。一般的には1カ月に3社以上の申込みをすると、申込みブラック扱いになり、その後1か月〜半年間は申込みをしても審査に通らなくなってしまいます。

 

同時申込は本当に必要な時に借りにくい状況を作ってしまうので、多重申込みは避けましょう。

 

申込をする前に「お試し診断」を利用する

ほとんどの消費者金融は、「お試し診断」や「借入前診断」と呼ばれる簡易審査が、用意されています。

 

このようなシミュレーションは、自分の条件で、消費者金融からお金を借りられそうかどうかを事前に試してみることが出来ますし、申込履歴にも影響を与えません。

 

「お試し診断」はあくまでも仮審査なので、仮審査でOKだったからと言っても確実に借りられるとは限りませんし、仮審査でダメだったけれど申込をしたら審査に通ったという事もあります。

 

あくまでも、シミュレーションなので、結果がすべて正しいとは言えませんが、申込みブラックになるのを防止する為にも大いに利用しましょう。