消費者金融審査

消費者金融の審査基準

キャッシングの審査基準は公開されていませんので「この内容なら大丈夫」と言い切れるものはありません。

 

ただ、多くのキャッシング会社の申込み時に必要となっている項目は、だいたい同じような項目になっているので、およその内容を知る事はできます

 

審査基準となる項目

申込み時に聞かれたり、申込書に記入する内容は、各社ほとんど変わらない内容になっています。

 

申込の基本条件は「満年齢が20歳以上で69歳以下の安定的な収入のある方」となっています。それをクリアした上で、氏名や住所、電話番号以外に次のような項目も記入するようになっています。

 

申込書の記入には

  • 年齢  
  • 年収  
  • 勤務先や勤続年数 
  • 雇用形態  
  • 住居形態  
  • 家族構成
  • 固定電話の有無
  • 他社の借り入れの有無(あれば金額と件数) 
  • 滞納歴

など。

 

安定した収入とは

キャッシングのQ&Aなどで「学生や主婦でも申込できますか?」という質問が、質問掲示板などで見かけることがあります。

 

このような属性の人でも借りられるかどうかの決め手になるのが、「安定的な収入があるか」という事です。

 

基本的には、収入のない学生や主婦は、消費者金融のキャッシングは利用することはできません。ただし、キャッシングのホームページに書かれているように、パートやあるバイト、派遣社員の収入も安定した収入と認めています。仮に3日間でも定期的に努めていれば認められますし、反対に日雇いなどのアルバイトは審査に通りにくいと言われています。

 

属性を高めるには

どうすれば確実に審査に通るとは言い切れませんが、審査を有利に通すためにあらかじめ準備をしておくことはできます。

 

申込み時に報告する個人情報を属性と呼びますが、属性のレベルを上げる事が出来る項目があります。

 

たとえば、勤続年数が長いほど有利になるので、勤続年数が少なくとも1年経過してから申込むとか、電話も携帯電話だけより固定電話がある方が属性が高く、両方持っている場合が一番有利となります。

 

他社で借入れがある場合は、借入れ件数が多い方が不利になるので、できればまとめることで借入件数を減らす事を考えましょう。

 

それ以外にも、クレジットカードや公共料金、携帯電話などの支払いも延滞などを起こさずきちんと支払い続けている事も重要なポイントになります。