消費者金融審査

審査に落ちる人はこんな人

手軽にお金を借りる方法にキャッシングがあります。
「キャッシングを申し込みたいけれど、審査にとおるかが心配」と思うのは当然の事です。

 

なぜなら審査内容は不明なので、正直なところ審査に通るか落ちるかは申込をしてみなければ確実な答えは出ません。ただし、口コミなどの情報からある程度の答えは出てきます。

 

審査で重要視されている事

審査の目的は「その人が貸したお金をちゃんと返せる人なのかどうか?」というのを判断しているわけです。

 

なので、コンピューターを使って、申込書に記入した内容(属性)や信用情報機関の個人情報の内容に基づいて点数を付けていき、総合点の高さで融資が可能かどうか判断されます。

 

申込者の属性で判断する

申込書に記入した、氏名、住所、年齢、勤務先、勤続年数、同居人、住居、居住年数など細かい項目にわたって記入しなければなりません。

 

これらの内容から属性が判断されるわけですが、たとえば勤務先については、長く勤めているので毎月安定した収入が期待できる、ということで信用度が高くなります。

 

また、勤務先が公的機関の場合や大手企業なら信用度が高いと判断されます。
これらの内容は、キャッシングの審査だけでなく、社会で言われる信用度とも同じです。

 

個人情報も重要な情報源

信用情報機関では、その人の借入に関する情報や、クレジットカードの利用履歴、公共料金の支払い状況などの情報が個人情報として登録されています。

 

個人情報の信用度を下げる情報としては、現在他社で返済を延滞している状態、またはそれを複数回繰り返している場合は審査で不利になります。

 

また、短期間で複数の金融機関に申込をすると、申込をした事がすべて記載されてしまい、「よほどお金に困っている」と判断され、審査に通らなくなります。

 

では、今までに借入れがなく、信用情報がきれいな状態が有利かと言うとそうでもありません。過去に取引がある人の方であれば、取引状況などが記載されているので、その内容によっては、借入れをしたことのない白紙状態の人よりも信用度が高いと判断される場合もあります。

 

属性は努力すれば高くなる項目もあれば、すぐには変えられない項目がありますが、審査に通るためには、属性を高くする努力も必要になります。