消費者金融審査

審査で必要な書類とは

キャッシングの申込で用意しなければならない書類があります。
必ず必要になる書類、場合によっては必要になる書類があり、特に急ぎでお金を借りたい時は事前に用意しておけば審査がスムーズに流れます。

 

必ず用意しなければならない書類

消費者金融でも銀行カードローンでも、申込者が本人である事を確認するための書類は、必ず必要になります。

 

本人確認書類として利用できる書類は、一般的に運転免許証が使われ、運転出来る種類は問われません。免許証が無い場合は、社会健康保険証や国民健康保険証などの健康保険証やパスポートも利用できます。

 

また現在の住所と本人確認書類に記載された住所が違う場合は、現住所が確認できる公共料金の領収書や社会保険の領収書、納税証明書などを合わせて提出する必要で、発行日の日付が半年以内のものを使うようにしましょう。

 

収入証明書類を用意しなければならない場合

本人確認書類以外に、

  • 借入希望額が50万円を超える場合
  • 借入希望額と、他社での借入残高の合計が100万円を超える場合

収入証明書類が必要になります。
借入希望額が30万円の場合でも、他社で70万円を超える借入残高がある場合は、収入証明書を用意しなければなりません。

 

収入証明書として使える書類は、一番は源泉徴収票です。

 

給与明細書も利用できますが、キャッシング会社によって1か月分でOK、というところや、2か月分必要なところ、賞与の明細も必要なところなど、会社によって規定が異なっているので、事前に確認が必要です。

 

提出方法は?

最近は消費者金融でもインターネットでの申込みが主流になってきています。
ネットで申込んだ場合は、本人確認書類などの書類はメール添付で送る事が出来ます。
携帯電話のカメラ機能やスキャナで書類をデータ保存します。

 

その際注意が必要なのは、どの証明書を使う場合でも、写真や住所が入った面は必ず写るようにし、変更事項が裏面にある場合は裏面もコピーするようにします。

 

そして指定されたメールアドレスに、メール添付で送付すれば提出完了です。
スマートフォンの場合は、専用アプリが用意されていれば簡単に送ることが出来ます。

 

無人契約機で契約する場合は、これらの必要書類をスキャナーに読み込ませる事になるので、店舗で契約する時や、無人契約機から申込む時は書類を忘れずに持って行きましょう