消費者金融審査

主婦が消費者金融でキャッシングを始めるには

2010年の貸金業法改正で総量規制が施行される7ようになり、消費者金融で個人が借入できるのは年収の3分の1以内と制限されるようになりました。

 

なので、無収入の専業主婦(主夫)は、基本的に自分でお金を借りることができなくなってしまいました。しかし総量規制には例外があり、全くキャッシングが出来ないという事ではありません。

 

「配偶者貸付」とは

総量規制には「除外項目」と「例外項目」があり、「配偶者貸付」は「例外」に属します。
「配偶者貸付」では、夫婦の年収の合計の3分の1以内で借入れることができます。

 

たとえば、夫の年収が450万円で、妻が無収入の場合、450万円の3分の1になり150万円までなら借入れ可能と言うものです。

 

ただ、「配偶者貸付」でお金を借入れる時は、通常のキャッシングの申込時では必要のない書類の提出をしなければなりません。

  • 配偶者の同意書
  • 住民票または戸籍妙本
  • 配偶者の収入証明

などが必要ですが、配偶者の同意書が要るので、これまでのように「夫(妻)に内緒でお金を借りる」事ができなくなってしまいました。

 

「配偶者貸付」では借りられない。

大手消費者金融を見てみると、「プロミス」「アコム」「アイフル」「モビット」契約者に安定した収入がある事が条件付けられています。

 

また、この制度は提出する書類が多く、書類を確認する手間と審査に時間が掛かり、採算が取れない事から、配偶者貸し付け自体を縮小、または中止している業者が多いのも現実です。

 

専業主婦はどうするのが一番?

上記の理由から、総量規制の対象になる消費者金融でキャッシングはほとんど不可能に近い状況です。しかし、心配することはありません。

 

銀行のカードローンは、総量規制の対象外になり、融資限度額は年収で決めるのではなく、銀行の基準でお金を貸していますので、無収入の専業主婦でも審査に通れば融資が受けられます。

 

基本的には銀行カードローンも「安定した収入がある事」が条件になっていますが、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、イオン銀行などのように、専業主婦専用の商品を用意している銀行もあります。

 

契約者に収入がなくても、配偶者に収入が有れば申込が出来ますし、契約は申込者本人になり、配偶者の同意も不要なので、無職の専業主婦は銀行カードローンをお勧めします。