消費者金融審査

審査の緩い消費者金融

「もうこれ以上新しい借入れは無理だろうな」と思っておられる方は審査基準が緩い金融会社なら申込できます。

 

他社からの借入件数が少なければ、大手消費者金融でも審査に通ると思いますが、それ以上の借入件数がある方は、中小消費者金融へ申込めば融資が受けられる可能性が高くなります

 

中小消費者金融とは

中堅消費者金融とは、地方に存在する消費者金融で、正規の届出をして許可番号をもらった金融業者です。

 

以前から中堅消費者金融は地方都市などで地域密着型の事業を行っていましたが、貸金業法の改正後、金利返還訴訟などで大打撃を受け、現在約2千社近くまで減少しています。

 

そういう中、有人店舗や人員を減らすなど、地道に企業努力をかさね、現在残っている中堅消費者金融があります。

 

中堅消費者金融が顧客を獲得するためには、大手で断られた人や、いわゆる金融ブラックと呼ばれる人を対象に融資をしています。

 

最近は、インターネットの普及により、中堅消費者金融も地元だけでなく、全国展開をしている業者も増えているので、どこの地域からでも申込ができるようになっています。

 

審査が緩い消費者金融

大手消費者金融や銀行カードローンで申込をしても、過去に延滞や債務整理をした金融ブラックと呼ばれる人が新たにキャッシングの申込をしても審査を受けるまでもなく、その場で断られてしまいます。

 

金融事故歴が消えるのは5年から10年が必要なで、大手の消費者金融や銀行では金融事故の履歴があればまず融資を受けられません。

 

しかし、世の中には世間でブラックと呼ばれている人にも正規の貸金業者で融資してくれるところがあり、それが中堅消費者金融と呼ばれるキャッシング会社です。大手消費者金融は貸金業法の改正以降は以前と比べて審査が厳しくなったと言われています。

 

大手消費者金融の審査は、コンピューターを使ってマニュアル通りに進めるので、少しでも審査基準から外れているとその場で審査落ちしてしまいます。

 

中堅消費者金融でももちろん審査はありますが、過去の事にとらわれず、現在の収入状況や生活状況を詳しく聞いて、支払い能力があると判断すれば融資をしている業者もあります。

 

大手で借りられなかったといって闇金に手を出すのではなく、申込先を中堅消費者金融まで範囲を広げれば、即日融資も可能な業者が見つかるはずです。